簡単にいろいろな機器との接続が可能

テレビに接続する場合

ケーブル1本でかんたん接続! 送信機とテレビを付属のケーブルで接続すれば、ワイヤレスでテレビ音声が楽しめます。

テレビの光デジタル端子に接続する場合1 ※よりクリアな音声を楽しむ場合

テレビの光デジタル端子に接続する場合1
  • 付属の光デジタル音声ケーブルを送信器の光デジタル音声入力に差し込み、もう一方をテレビの光デジタル音声出力端子に接続します。
  • USBケーブルを送信機のDCソケットに差し込み、もう一方をテレビのUSB端子に接続します。
  • 付属の耳かけリール式イヤホンや内蔵スピーカーから音楽や音声を楽しめます。また、お手持ちのヘッドホンを受信機に接続したり、スピーカーやCDラジカセを接続しても音楽や音声を聴くことができます。

送信機の自動電源ON/OFF、受信機の自動OFF機能について

  • テレビの電源と連動してUSBからの電源供給がOFFになるテレビ
    テレビなどの電源と連動して送信機の電源が自動的にON/OFFになります。
    送信機の電源がOFFになってから、約2分経過すると受信機の電源が自動的にOFFになります。
    テレビによっては30秒位してから電源OFFになります。
  • テレビの電源と連動してUSBからの電源供給がOFFにならないテレビ
    テレビの電源がOFFになってから、約5分経過すると送信機の電源が自動的にOFFになります。送信機の電源がOFFになってから、約2分経過すると受信機の電源が自動的にOFFになります。※送信機の電源は自動でONになりませんので、本機器をお使いの際は、手動で電源をONにしてください。

テレビの光デジタル端子に接続する場合2 ※よりクリアな音声を楽しむ場合

テレビの光デジタル端子に接続する場合2
  • 付属の光デジタル音声ケーブルを送信器の光デジタル音声入力に差し込み、もう一方をテレビの光デジタル音声出力端子に接続します。
  • USBケーブルを送信機のDCソケットに差し込み、もう一方をUSB ACアダプターに差し込み、USB ACアダプターのコンセントプラグをコンセントに差し込みます。
  • 付属の耳かけリール式イヤホンや内蔵スピーカーから音楽や音声を楽しめます。また、お手持ちのヘッドホンを受信機に接続したり、スピーカーやCDラジカセを接続しても音楽や音声を聴くことができます。

送信機・受信機の自動電源OFF機能について

  • 家庭用コンセント経由で送信機の電源供給を行うと、テレビなどの音声信号がない状態で、約5分経過すると送信機の電源が自動的にOFFになります。
    送信機の電源がOFFになってから、約2分経過すると受信機の電源が自動的にOFFになります。
    送信機および受信機の電源は自動でONになりませんので、本機器をお使いの際は、手動で電源をONにしてください。

テレビのヘッドホン端子に接続する場合1

テレビのヘッドホン端子に接続する場合1
  • 付属のヘッドホン端子音声ケーブルを送信器のテレビ/オーディオ音声入力端子に差し込み、もう一方をテレビのヘッドホン出力端子に接続します。
  • USBケーブルを送信機のDCソケットに差し込み、もう一方をテレビのUSB端子に接続します。
  • テレビの設定によってヘッドホン端子接続時にテレビ側のスピーカーからも音声を出すように設定できます。詳しくはテレビの取扱説明書をご覧ください。

送信機の自動電源ON/OFF、受信機の自動OFF機能について

  • テレビの電源と連動してUSBからの電源供給がOFFになるテレビテレビなどの電源と連動して送信機の電源が自動的にON/OFFになります。
    送信機の電源がOFFになってから、約2分経過すると受信機の電源が自動的にOFFになります。
    テレビによっては30秒位してから電源OFFになります。
  • テレビの電源と連動してUSBからの電源供給がOFFにならないテレビ
    テレビの電源がOFFになってから、約5分経過すると送信機の電源が自動的にOFFになります。送信機の電源がOFFになってから、約2分経過すると受信機の電源が自動的にOFFになります。※送信機の電源は自動でONになりませんので、本機器をお使いの際は、手動で電源をONにしてください。

テレビのヘッドホン端子に接続する場合2

テレビのヘッドホン端子に接続する場合2
  • 付属のヘッドホン端子音声ケーブルを送信器のテレビ/オーディオ音声入力端子に差し込み、もう一方をテレビのヘッドホン出力端子に接続します。
  • USBケーブルを送信機のDCソケットに差し込み、もう一方をUSB ACアダプターに差し込み、USB ACアダプターのコンセントプラグをコンセントに差し込みます。
  • テレビの設定によってヘッドホン端子接続時にテレビ側のスピーカーからも音声を出すように設定できます。詳しくはテレビの取扱説明書をご覧ください。

送信機・受信機の自動電源OFF機能について

  • 家庭用コンセント経由で送信機の電源供給を行うと、テレビなどの音声信号がない状態で、約5分経過すると送信機の電源が自動的にOFFになります。
  • 送信機の電源がOFFになってから、約2分経過すると受信機の電源が自動的にOFFになります。
    送信機および受信機の電源は自動でONになりませんので、本機器をお使いの際は、手動で電源をONにしてください。

色々な機器で音楽や音声を聴く場合

本製品をスマートフォン・CDラジカセ・オーディオ機器に接続すると、ワイヤレスで音楽が楽しめます。
また、イヤホンだけでなくお手持ちのヘッドホンやスピーカーでも聴けます。

スマートフォンに接続する場合

スマートフォンに接続する場合
  • 付属のヘッドホン端子音声ケーブルを送信器のテレビ/オーディオ音声入力端子に差し込み、もう一方をスマートフォンのヘッドホン端子に接続します。
  • USBケーブルを送信機のDCソケットに差し込み、もう一方をUSB ACアダプターに差し込み、USB ACアダプターのコンセントプラグをコンセントに差し込みます。
  • 付属の耳かけリール式イヤホンや内蔵スピーカーから音楽や音声を楽しめます。また、お手持ちのヘッドホン・スピーカーなどを接続しても音楽や音声を聴くことができます。

iPhone7/8/Xに接続する場合

iPhone7/8/Xに接続する場合
  • iPhone用ヘッドホンジャックアダプタをご用意して頂き、付属のヘッドホン端子音声ケーブルを送信器のテレビ/オーディオ音声入力端子に差し込み、もう一方をiPhoneのLightning端子に接続します。
  • USBケーブルを送信機のDCソケットに差し込み、もう一方をUSB ACアダプターに差し込み、USB ACアダプターのコンセントプラグをコンセントに差し込みます。
  • 付属の耳かけリール式イヤホンや内蔵スピーカーから音楽や音声を楽しめます。また、お手持ちのヘッドホン・スピーカーなどを接続しても音楽や音声を聴くことができます。

CDラジカセに接続する場合

CDラジカセに接続する場合
  • 付属のヘッドホン端子音声ケーブルを送信器のテレビ/オーディオ音声入力端子に差し込み、もう一方をCDラジカセのヘッドホン端子に接続します。
  • USBケーブルを送信機のDCソケットに差し込み、もう一方をUSB ACアダプターに差し込み、USB ACアダプターのコンセントプラグをコンセントに差し込みます。
  • 付属の耳かけリール式イヤホンや内蔵スピーカーから音楽や音声を楽しめます。また、お手持ちのヘッドホン・スピーカーなどを接続しても音楽や音声を聴くことができます。

オーディオ機器に接続する場合

オーディオ機器に接続する場合
  • 付属のヘッドホン端子音声ケーブルを送信器のテレビ/オーディオ音声入力端子に差し込み、もう一方をオーディオ機器のヘッドホン端子に接続します。
  • USBケーブルを送信機のDCソケットに差し込み、もう一方をUSB ACアダプターに差し込み、USB ACアダプターのコンセントプラグをコンセントに差し込みます。
  • テレビの設定によってヘッドホン端子接続時にテレビ側のスピーカーからも音声を出すように設定できます。詳しくはテレビの取扱説明書をご覧ください。

アナログマイクを使う場合

本製品をアナログマイクに接続すると、ワイヤレスで人の声が受信機で聞けます。
また、受信機は無限に増設できるので、大勢で聞くことも可能です。

アナログマイクを使う場合

アナログマイクを使う場合
  • アナログマイクを別途ご用意いただき、アナログマイクを送信器のマイク入力端子に差し込みます。
  • ACアダプターのケーブル先端のプラグを送信機のDCソケットに接続し、ACアダプターのコンセントプラグをコンセントに差し込みます。
  • 付属の耳かけリール式イヤホンや内蔵スピーカーから人の声をクリアに聞くことができます。
  • デジタルマイクは使用できません。
    また、入力感度が70~-80dBのアナログマイクだと、人の声が小さく聞き取りにくいので、お勧めいたしません。
戻る

トップ